公益財団法人 姫路・西はりま地場産業センター(じばさんセンター)

地場産業紹介
にかわ・ゼラチン

にかわ・ゼラチン

ほぼ100%に迫るシェアを誇る姫路・西はりまのにかわ

にかわ・ゼラチン

にかわ製造業は、日本最大の皮革産地である姫路・龍野地域において、原材料の皮革屑や牛骨等の入手が容易であったことから、明治の初めに姫路市周辺に興った。

姫路周辺でも網干地区は20世紀初めに大規模産地として有名になった。さらに産地は、明治40年代から大正期にかけて余部、飾磨、御着などに広がり、昭和に入ると龍野、三坂も加わった。当初は農家の副業的なものであったが、大正になって企業化され、産地としての体勢が整った。

その後、昭和32年には企業数が78に増え、全盛期を迎えた。一時マッチ業界の衰退など、需要の後退により業者数が減り集約化されたものの、現在でも全国有数の生産量を有している。

にかわの主な用途は、紙器(紙箱、製本、事務用品)、紙管(紙、布や繊維などの巻き芯や郵送用の円筒等)、サンドペーパー等の研磨紙、マッチなどである。

また、和にかわ(三千本膠、京上膠など)は文化財の修復、日本画、製墨、和紙、湊工芸、紙人形、版画、ガラス工芸等の伝統産業に大きく貢献している。ゼラチンの用途は、食用(デザートや菓子、清酒などのアルコール類の清澄剤、ハム等の粘着剤)、医薬用(カプセル、ハップ剤、錠剤等)、写真用(各種フィルム、印画紙、コロタイプ印刷等)、工業用(感圧紙、製本用接着剤等)、化粧品用(ポリペプタイドとしてシャンプー、クリーム、ローション等)など。

コラーゲンペプチドは健康食品、化粧品等に幅広く利用されている。

業界では、従来の網干膠皮革産業連合組合から協同組合へと組織を一新し、平成7年12月に「西姫路にかわ皮革産業協同組合」として発足した。

にかわ業界組合員名簿

組合名称 西姫路にかわ皮革産業協同組合
所在地 〒671-1225
姫路市網干区福井45
電話 079-274-0111
FAX 079-274-1735
代表者名 田寺 康啓
会員数 16

電子じばさん館 ゼラチン

電子じばさん館「ゼラチン」では、より詳細な情報を掲載しています。

最新情報

RSS Feed Widget
じばさんセンターフェイスブック

関連サイト

  • 会議室のご予約がネットから出来ます!!
  • はりまの宝蔵 西播各市町村が自信を持っておすすめする特産品・名産品が勢揃い!!
  • 電子じばさん館
  • ふれあい新鮮市
  • 姫路・西はりまの地場産業
  • 豊穣の国はりま