公益財団法人 姫路・西はりま地場産業センター(じばさんセンター)

地場産業紹介
靴下

靴下

奈良県・東京都と共に全国三大産地を形成

靴下

播磨地域での靴下製造業の発祥は、明治19年に印南郡志方町の住民が、上海から手廻しの靴下編立機を持ち帰り、製造を始めたことによると言われている。

当産地での靴下製造は、大阪の靴下工業の勃興に遅れたため、その製造問屋の傘下に発達した。
当初は、農家の副業であったが、明治中期に煙草が官営事業となるに伴い、転廃業者の資金が流入し、産地の基盤ができあがった。

大正初期に半自動式靴下編立機、更に大正13年には自動編立機が輸入されるなど技術革新が進み、また大正12年の関東大震災により当時第一の靴下産地であった東京が致命的な打撃を受けるなどの情勢変化もあって、播磨の産地規模は急速に拡大した。
また東南アジアや中国等にも輸出されるようになった。

その後、昭和初期の金融恐慌、戦時の軍需統制などにより業界は大きな打撃を受けたが、戦災を免れたため、他産地よりも立ち直りは早かった。

また、ナイロンを初めとする合成繊維の開発により素材が大きく変わった。
それに合わせて生産形態においても、設備の近代化、技術水準の高度化が進んだ。

現在では、奈良県、東京都とともに全国三大産地を形成している。
産地の企業形態は
1.繊維商社的有名ブランドメーカーの協力工場として生産を行い、百貨店や量販店に商品を供給するもの
2.他メーカーの下請けとして半製品や賃加工品を製造するもの
3.卸売業務に特化したもの
などの3つに大別される。

靴下業界組合員名簿

組合名称 兵庫県靴下工業組合
所在地 〒676-0808 高砂市神爪1-13-20
電話 079-432-3665
FAX 079-432-3634
代表者名 神木 雅之
会員数 74

最新情報

RSS Feed Widget
じばさんセンターフェイスブック

関連サイト

  • 会議室のご予約がネットから出来ます!!
  • はりまの宝蔵 西播各市町村が自信を持っておすすめする特産品・名産品が勢揃い!!
  • 電子じばさん館
  • ふれあい新鮮市
  • 姫路・西はりまの地場産業
  • 豊穣の国はりま