姫路・西はりまの おもたせ
2/44

菓子姫路の菓子が全国に名を知られるようになったのが、江戸時代の後期からと言われおります。この頃の姫路藩主酒井家の歴代の当主が教養人であり茶の湯を好んだことから、姫路城下の和菓子文化は大いに発展することとなりました。和菓子は茶の湯の広がりとともに播州地方一帯に広がり、赤穂では特産の塩を隠し味に使った饅頭が作られ、またオランダから長崎に伝わった油菓子が「播州駄菓子」として全国に名を馳せています。最近では洋菓子も盛んになり、地元の素材を使った商品が作られています。

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る