姫路・西はりまの おもたせ
40/44

姫路独楽幕末から明治初期頃に姫路独楽が始まったと言われています。姫路独楽は「飾り独楽」で赤と緑に塗った大きな「鬼独楽」一対を箱に入れ、松竹梅の飾り物を添えて正月の床飾りとする風習があります。糸引きこま(ナイロン袋入)緑・赤の2色があります。変わり塗文七こま(ナイロン袋入)緑・赤の2色があります。姫楽庵鉄輪こま侍播州山崎藍染檻宍粟市をはじめ播磨地域に古くから藍作りが行われ、昭和初期まで木綿縞をはじめとする藍染織が織られていましたが、その後いったん途絶えました。昭和53年から藍染織復活が取り組まれ、現在では着物やテーブルセンターなど、本藍による製品作りが行われています。テーブルセンターコースター1枚の場合は麻、3枚組は綿となります。キーホルダーみのむし型。しらさぎ染め江戸時代に、姫路藩が藍製造を藩業として奨励したこともあり、藍染物の生産は大いに栄えました。その後、明治時代に途絶えてしまいましたが、伝統の藍染めに播磨のシンボル姫路城を図柄に取り入れ、昭和44年にしらさぎ染として復活しました。鷺百態ハンカチ紺色、綿100%鷺クッション紺・グレー・緑の3色があります。鷺ランチョンマット(ナイロン袋入)紺・グレー・緑の3色があります。さぎセンター紺・グレー・緑の3色があります。装飾瓦瓦の良さを知り尽くした職人ならではの感性で、今のライフスタイルにあった装飾瓦をセレクトしています。姫路城坐スタンド付(ナイロン袋入)姫路しゃち瓦スタンド付(ナイロン袋入)姫路城コースター瓦スタンド付(ナイロン袋入)瓦コースタースタンド付(ナイロン袋入)桜ひまわりとんぼ雪の結晶七福神(紙箱入)

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る